ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展 | 日本参加の記録 | 1991-2020
5f72dc104b083905b99bdd46

ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展 | 日本参加の記録 | 1991-2020

110 JPY

Free shipping

About other shipping cost

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、会期が1年間延期となった第17回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示の活動応援を目的として、これまでの日本館展示の内容(テーマ、キュレータ、参加建築家など)を一望できる資料を、建築と建築と山をおりるが共同制作しました。売上から制作費用等を差し引いた金額を、ヴェネチア・ビエンナーレ建築展日本館展示チームに寄付します。 ・ 一口100円から、複数口の募金を希望されるかたは、ご注文の数量を選択くださいませ。なおこの刊行物は、PDF形式のデジタルファイルの納品となります。ご注文完了後、ご指定のメールアドレスにPDFのダウンロードリンクをお送りいたします。 ・ ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 | 日本参加の記録 | 1991–2020 監修:門脇耕三(明治大学准教授・アソシエイツパートナー、第17回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館キュレーター) 企画制作:建築の建築、山をおりる 協力:代官山蔦屋書店 発行日:2020年9月16日 PDF / A4 / 4p. / ISBNなし ・ ヴェネチア・ビエンナーレは、イタリアの水上都市ヴェネチアで開催される展覧会です。世界最大規模の国際美術展として知られるヴェネチア・ビエンナーレの歴史は長く、 第1回展は1895年にまで遡ります。1897年の第2回展では、日本美術を紹介する特集展示がおこなわれました。隔年の開催を継続しながら、戦争や学生運動の余波による開催中止回も経て(1916, 1918, 1944, 1946, 1974)、120年以上の歴史を積み上げてきました。 メイン会場となるヴェネチア市街最大の公園・ジャルディーニには、カルロ・スカルパによる中央館をはじめとする30カ国のパビリオンが建ち並び、24番目のパビリオンである日本館は吉阪隆正によるものです。1980年から建築展がスタート、現在では美術展と建築展が毎年交互に開催され、日本館展示を国際交流基金が主催しています。