News

紹介記事「あの紙、この紙」(株式会社竹尾)

印刷用紙の販売・輸出入の会社、竹尾ペーパーが運営するウェブメディア「あの紙、この紙」にて、元木大輔 / DDAA LAB作品集『Hackability of the Stool スツールの改変可能性』のデザイナー、高室湧人さんが同書の造本についてご紹介しています。

「あの紙、この紙」
https://takeopaper.com/special/anokono/detail/22041330.html

"同書の構造は、プロジェクトにおけるスツールと改変された黒いアタッチメントパーツの関係をなぞり、中身の白い本をスツール、カバーをアタッチメントに見立て、それぞれが独立した存在となるよう、あえて両方を固定せず、カバーを外すと本体の白い紙の塊が現れるようになっている。
また、同じ書籍でも異なる印象の対比を持たせることを意図し、表周りからはハードカバー本のような、本体からは週刊誌のような素材を選んだ。表紙には厚みをもちつつ洗練された質感が美しい漆黒のGAファイル、本文に汎用性の高い用紙を使用することで、読者が本を読む行為を通して気品の高さと雑多な感触の行き来を設計した。(髙室湧人さん)"

  • 元木大輔 / DDAA LAB作品集『Hackability of the Stool スツールの改変可能性』

    5,500 JPY