建築のことばを探す 多木浩二の建築写真 書評③門脇耕三+元木大輔+本橋仁+藤原徹平+和田隆介
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

建築のことばを探す 多木浩二の建築写真 書評③門脇耕三+元木大輔+本橋仁+藤原徹平+和田隆介

330 JPY

About shipping cost

*この冊子は、建築の建築のオンラインストア限定の商品となります。2021年1月9日以降に当オンラインストアで写真集『建築のことばを探す 多木浩二の建築写真』をご注文のお客様には無料で同封いたしますので、ご注文の必要はございません。 建築のことばを探す 多木浩二の建築写真 書評③ 門脇耕三+元木大輔+本橋仁+藤原徹平+和田隆介 建築のイメージとテクスト はじめに・写真集『建築のことばを探す 多木浩二の建築写真』の感想 前半・建築とイメージ (1. 写真の内の建築、2. 建築家と写真家の関係、3. 写真とシアトリカリティ) 後半・建築とテクスト (1. 教会は本である、2. 建築批評の萌芽、3. 建築のアイデンティティ, 内在する批評) おわりに・建築を出版する 付録・選書フェア「建築のイメージとテクスト」選書リストとコメント H257xW182mm, 24p., 1c, 日本語 発行所:建築の建築 発行日:2021年1月9日 ISBNなし ・ 写真集「建築のことばを探す 多木浩二の建築写真」の書評シリーズ第三号。2020年に開催された代官山蔦屋書店オンライン配信イベント「『建築のことばを探す 多木浩二の建築写真』重版記念 選書フェア『建築のイメージ、テクストの建築』選者全員集合の放談会」(2020年9月24日収録)の内容と、同メンバーに加えて二名のゲストを迎えて非公開にて収録した座談(2020年10月6日収録)の内容を再構成しました。原稿は全体で37,000文字強のボリュームです。 付録として、2020年9月より約一ヶ月間、代官山蔦屋書店で開催された選書フェア「『建築のことばを探す 多木浩二の建築写真』重版出来記念 建築のイメージ、テクストの建築」の選書リストを掲載します。選者は門脇耕三、元木大輔、本橋仁、山をおりる(春口滉平、中塚大貴、綱島卓也)、飯沼珠実。